【Apple Card】日本での申し込みはいつから?サービス開始までの道のりを徹底予想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【Apple Card】日本での申し込みはいつから?

Apple Cardアプリ画面を表示するiPhoneとチタンカード


2019年8月から米国のみでサービスが開始されたApple Cardですが、その先進的な仕組みや、これまでのクレジットカードの概念を大きく変えるユーザ体験から、日本国内でのサービス開始を心待ちにしている方も多いと思います。

結論としては現状は日本での開始時期は未定なのですが、これまでの世界情勢も含めた経緯から予測すると2020年内のサービス開始は難しく、早くても2021年秋以降になるのではないかと予測しています。


現在、日本国内で既に利用されている「Walletアプリ」や「Apple Pay」の機能は、アメリカでのサービス開始が2014年の10月。日本でのサービス開始は遅れること2年後の2016年10月でした。

Apple Payの各国サービス開始時期の表
Apple Pay 各国サービス開始日(参照:Wikipedia)


これは各国の法律の問題はもとより、カード発行会社や決済通信事業者、カード決済加盟店などがそれぞれ新しい決済システムに適応するのに相応の時間がかかったこと。またApple側でも日本でしか普及していないFelica機能を日本向けのiPhoneだけに搭載させたことなど、様々な要因が挙げられます。

【Apple Card】と【Apple Cash】はセットで提供される


日本でのサービス開始を遅らせる要因はまだあるかもしれません。
こちらの画像を見ていただくとWalletアプリの中に「Apple Card」ともう一枚黒いカードが見えますね。これが「Apple Cash」です。

「Apple Card」と「Apple Cash」


では「Apple Cash」とは何かというと「Apple Card」より遡ること2017年12月に米国内のみで開始されたサービスです。この「Apple Cash」の機能を有効にすると、iPhoneユーザーどうしでiMessageを使った送金が可能になります。


また「Apple Card」にはデイリーキャッシュといって「Apple Card」で購入した何%かがキャッシュバックされる仕組みがありますが、そのキャッシュバックがこの「Apple Cash」に溜まるようになっています。

「Apple Cash」


なので「Apple Card」と「Apple Cash」はセットで提供される必要があるのですが、 現状では、2017年12月に開始したこの「Apple Cash」サービスでさえ米国以外で提供されている国はまだありません。


このキャッシュバックの仕組みですが、電子マネー個人間送金などのサービスを行う「Green Dot Bank」という外部の銀行インフラを使用しているそうです。「Green Dot Bank」はカリフォルニアの地方銀行です。


よって「Apple Cash」で行っている、デイリーキャッシュの管理個人間送金の仕組みを、同じように米国以外でも構築するのは多少ハードル高いのかなと想像します。「Apple Cash」の機能に関しては各国の別のパートナーと組んで解決するつもりかもしれません。

クレジットカードの管理運用はゴールドマン・サックス

Apple Cardはアップルのサービスですが、クレジットカード領域の債務や請求に関する管理運用はゴールドマン・サックスが行います。

よく「Apple Card」は、iPhoneの「Walletアプリ」から申し込んで、ものの数分で利用限度額年間利率が表示されすぐにカードが使えるようになると聞きます。しかし実際はその短い時間で本人確認と与信審査が行われていますし、人によっては審査保留になったり承認されないケースもあります。

Apple Card申し込み画面
米国では個人のクレジットスコア信用度)に基づいて利用限度額年間利率が個別に決定される。


そのあたりのカード審査になるべく時間や人的コストをかけずに、オートマチックに処理するシステムを日本でも事前にきちんと準備するには、信用情報機関との連携も含め、ある程度は時間を要するでしょう。


ユーザーが支払いに指定する各金融機関との連携も必要です。また、利用限度額や支払いに関する問合せ窓口の設置、返済が困難になったユーザーの対応部署も準備する必要があります。

「カードが使えなかった」「限度額をあげたい」「使った覚えがない」「支払いを待ってほしい」など、通常のカード会社には様々な問合せが入ります。どこまでゴールドマン・サックスが対応するのか「Apple Card」が通常のクレジットカードとは違うだけに予想するのが難しいですね。

2021年7月7日、ゴールドマン・サックスが日本で銀行免許を取得したことが発表されました(ゴールドマン・サックス・バンクUSA東京支店)。ただ、これが日本でのApple Cardサービス開始につながるのかは今のところ不確定です。

前述の「Apple Cash」による個人間送金キャッシュバックの機能を提供する国内パートナーも必要です。「Apple Card」と「Apple Cash」はセットで提供されるものなので。

アップルが「Apple Card」を他国展開するとすれば、まずは日本よりもカナダイギリスのなどの方が早くサービスが開始されるはずなので、その展開の仕方次第でもう少しはっきりと日本での開始時期も見えてくるのではないでしょうか。新しい情報が入りましたらアップデートします。

コメント