話題の【Clubhouse】音声アプリが日本のAppストアで公開されました!

話題の音声SNSアプリ「Clubhouse」がついに日本のAppストアで公開されました。いまだベータテスト版で招待制なので、招待なしにすぐ使うことは出来ませんが、ユーザ名の登録が出来るようになっていますので、詳しく解説していきます。

 

2021年1月18日 追記】
Clubhouse を実際に使ってみました!

↓ こちらの記事で解説してます ↓

9月27日、Clubhouse公式サイトを確認したところ、これまでは「早期アクセスの受付」という表示だったのが、Appストアへのリンクに切り替わっておりました。(現在、Clubhouseアプリは iOS版のみ)

タップしてみると、日本版のAppストアでClubhouseのアプリが公開されていました。実は米国のAppストアでは1週間前くらいから公開されていたのですが、日本でもようやく表示されました。

現在はバージョンアップごとにアイコンを変更しているようです。アイコンに選ばれるのはClubhouseの初期ユーザーの面々。

ただし、アプリ自体は公開され、ダウンロード出来るのですが、いまだベータ版であり招待制であることは変わらないようです。アプリを起動すると以下のような画面が表示されます。

意訳するとおよそ以下のような内容です:

私たちはClubhouseのローンチに向けて頑張っています。仕上げの段階で何も破綻しないように徐々にユーザーを追加していきます。

まだ招待を受けていない方は、今すぐユーザー名を予約していただければ、私たちはすぐにあなたを迎え入れます。私たちはあなたがいることにとても感謝していますし、あなたが参加するのを待つことはできません。

ということで、Clubhouseで使用するユーザー名を予約(登録)できるということなので、さっそく登録してみました。「Get your username」をタップします。

まず、携帯の番号を入力して「Next」をタップ。すぐに携帯あてにショートメールが届くので、記載されている4桁の認証コードを入力します。

携帯の番号を入力して「Next」

届いた4桁の認証コードを入力して「Next」

すると名前を入力する画面になります。私は英字で入力しました。「Next」をタップするとユーザー名を指定することが出来るので、好きなものを入力します。すでに同じユーザ名が登録済みの場合は「別のものに変えて下さい」のような表示が出ると思われます。

名前を入力して「Next」

ユーザ名を入力して「Next」

最後に以下の画面が表示されます。「あなたの”@ユーザ名”は予約されました。アカウントが用意でき次第メールでお知らせします!」とのことです。

さて、この「アカウントが用意でき次第」というのが、どれくらい時間がかかるのかはっきりしません。Clubhouseは、6月から早期アクセスの受付を公式サイトで行っていました。

この早期アクセスの受付の際も、名前と携帯番号の登録Twitterアカウントとの連携をしていましたが、3ヶ月以上経過しても招待メールが届きませんでした。

今回も待たされることになるかもしれませんが、とりあえずユーザ名だけでも確保できて良かったのかもしれません。あまり期待し過ぎることなく展開を待ちたいと思います。

※ 2021年1月18日追記:
展開がありました! Clubhouseアプリを使ってみましたので下記の記事も是非ご覧ください!

2021年1月18日 新規情報です。
Clubhouse を実際に使って見ました!
↓ こちらの記事で解説してます ↓

コメント