mmhmmプレミアム (有料版) へのアップグレードは必要か

ビデオコミュニケーションを楽しく演出する仮想カメラアプリmmhmmは基本無料で使用できます。試しに使ってみて楽しかったという方も多いはず。ただ、7日間の試用期間後はプレミアムツールの使用が1日60分に制限されますので、有料版にするかどうか迷うところですよね。

結論、まずは月額プランからでも有料版を使ってみると良いと思います。解約の方法は簡単なので、少しでもmmhmmを気に入っているのなら、まずは1ヶ月使い倒してみて継続するかどうか判断するのも手です。有料版アップグレードの手順、有料版にするメリットなどを考察と共にまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

プレミアムツールには7日間の試用期間がある

mmhmmスクリーンの右側にある「プレミアムツール」と呼ばれる設定パネルには、mmhmmを特徴づける楽しく便利な機能がたくさん詰まっています。これらのプレミアムツールは、mmhmmの使い始めから試用期間として7日間は無制限に使用することができます。

残り:7日」と表示されています。

しかし、試用期間を過ぎると以下のようにプレミアムツールへのアクセスに制限がかかります。「開放」ボタンを押すと1日に60分間限定でアクセス出来るようになり、残り時間がカウントされ始めます。

「開放」ボタンを押すと制限解除

残り時間が表示される

60分経過すると、再度プレミアムツールのアクセスに制限がかかり、次回、制限が解除される時間(きっかり24時間後ではないようです)が表示されます。※プレミアムツール以外の機能は制限されません。

プレミアムツールの制限により
使用できなくなる機能

・プレゼンターの透明度変更
・プレゼンターのサイズ変更
・プレゼンターの位置変更
・レーザーポインター
・フレーム:
 (円形・四角形・シルエット)の変更
・各種エフェクト
・ルーム(背景)の変更・各種設定
・ビッグハンド

スライドトレーの操作や録画機能などは制限されないものの、mmhmmの中でいちばん魅力的な機能が制限により使えなくなってしまいます。

実際、1日60分の使用で充分なのか

1日のうち、60分を分割して使うことはできない

例えば、プレミアムツールを30分だけ使って、いったんmmhmmアプリを閉じておき、時間が経ってから残りの30分をあとで使う、ということは出来ません。

いったん「開放」ボタンを押してプレミアムツールにアクセスしてしまうと、mmhmmアプリを閉じておいても残り時間は自動的に減っていきます。なので、プレミアムツールを例え15分しか使用していなくても、その日はもう使用できない訳です。

ビデオコミュニケーションにmmhmmを最大限役立てたいのなら

最近は仕事以外にも、個人でセミナーや学習会、コミュニティのオフ会などに参加したりする機会も増えています。ビデオ通話上で自分をより良く演出することが、外出時に身だしなみを整えたり、お洒落をするのと同じくらいの価値を持つようになりました。

毎日のビデオ通話を、mmhmmを使って楽しく価値あるものにしたい、セルフプロデュースを徹底したいと考えている方(企業)にとっては、1日に1回だけしか使えない(しかも60分)というのは正直、現実的ではないように思います。

参加者としてならまだしも、そのビデオ通話の主催者側であれば尚更、そのイベントやセミナー、あるいはミーティングやプレゼンなどの成功を大きく左右しますので、そのような方は有料版の「mmhmm Premium」の契約を検討してもよいのではないでしょうか?

有料版へアップグレードするメリット

年間契約の場合であれば、月割計算で917円という金額で、様々なビデオ通話における自己演出の優位性を確保できるのはなかなか価値が高いと思います。

有料版へアップグレードするメリット
  • 残り時間を気にする必要がなくなる
  • 1日のうち何回でもビデオ通話にmmhmmを使用できる
  • 無制限に使えるのでmmhmmのツール操作が上達する
    (自由自在に使いこなすには、ある程度慣れるのに時間が必要)
  • 操作スキルが上がることで、今後は職場でも重宝される可能性がある
  • 今後も便利で楽しい新機能が続々とプレミアムツールに追加される
  • ビデオ通話の際に必ず使用することで他者との差別化が図れる
  • 他のビデオ参加者からとmmhmmの効果 (エフェクト) などに興味を持ってもらえる
  • mmhmmをきっかけに初見の人ともコミュニケーションが発生したりする

料金は、月額1,100円年額11,000円 となり、年間契約の場合は2ヶ月分お得になりますが、まずは試しに月額契約で始めてみて、そこまで使わないようであれば解約することも簡単です(後述します)。また、気に入ったらいつでも年額プランに変更することもできます。

mmhmm Premium アップグレードの手順

mmhmm Premiumにアップグレードするには、プレミアムツールのパネルに表示されている「購入」ボタンを押すか、メニューから「アップグレード…」を選択しましす。

以下のような購入画面がブラウザで開きます(現在はすべて日本語化されています)。年払いか月払いかを選択します。決済方法は現状はクレジットカードのみですね。すべて入力したら「SUBMIT(送信)」を押します。

この表示は年額プランの場合

「ご注文が完了しました!」という画面になります。「OPEN MMHMM」を押してmmhmmアプリを開くとプレミアムツールへの制限が解除されています。これでプレミアムツールは使い放題です!

アカウントの管理画面から、決済状況を確認することが出来ます。メニューから「アカウント管理…」を押します。

Annual subscription(年間契約)」と表示され、次回の支払い日(この場合は2022年3月2日)を確認することができます。月額契約の場合は「Monthly subscription」と表示されるのかと思います。(現在はすべて日本語化されています)

決済用のクレジットカードは「Edit」ボタンを押して変更することもできます。

有料版を解約したくなったら

例えば「月額払いにしておいて、一定期間使ったら解約する」というような場合は、右上のメニュー「SUBSCRIPTION」の画面に切り替えて「Cancel subscription」を選択します。

Are you sure?(本当に?)と出ますので、理由があればプルダウンの中から選択して「CANCEL SUBSCRIPTION」を押すだけで完了します。解約の方法が明確で分かりやすく、ユーザーファーストの企業姿勢が感じられますね。

mmhmm Businessのサービスも開始

2021年4月1日から、企業向けプランとして「mmhmm Business」のサービスが開始されました。

これまで mmhmmWindows版の開発が、Mac版に比べて遅れていたこともあり、企業での導入事例はあまり多くありませんでした。今回、企業向けプランが開始されたことで、今後は多くの職場でも積極的な導入が進むことが予想されます。


現状、mmhmmを自由自在に使いこなせる人材はそう多くはないので、高い操作スキルのある人は職場での優位性を獲得できる可能性もありますね。

mmhmmは、今後も新しい機能がどんどん追加され、より高機能で楽しいツールになっていくと予想されます。高機能化してから使い方を覚えるのはかなりの労力が必要ですが、今からmmhmmの進化と共に自身もアップデートしていけば、有料課金した以上の恩恵があると個人的には感じています。

コメント