DiscordチャンネルにTwitter投稿を反映させる方法【IFTTT】

Discordチャンネルに、Twitter投稿を自動表示させる目的で、IFTTTというサービスを使ってみました。それほど難しくなかったので、画像つきで詳しく解説します。

これからDiscordでコミュニティ運営を始める方も、便利ですのでぜひ試してみてください。

スポンサーリンク

DiscordチャンネルにTwitter投稿を反映させる

まず、IFTTTのサイトにアクセスします。URLは以下。
https://ifttt.com/

Start for free』をクリックします。

以下の画面になるので、ここではメールアドレスでサインアップしてみます。(GoogleAppleのアカウントでサインアップしてもOKです。)

『メールアドレス』と『パスワード』を入力して『Get started』をクリックします。

IFTTTと連携できるサービスがたくさん表示されます。今回はTwitterを選択して『Continue』を押します。

Pro版の勧誘画面がでますが、ここでは『Not now (今は結構です)』をクリックします。

おすすめのアプレットが表示されますが、ここは何も選択せず一番下の『Get started』を押します。

IFTTTのホーム画面です。アカウントにログインした状態だと、『Create』というメニューが表示されますのでクリックします。

以下の画面になるので、条件を設定していきます。まず『If This』をクリックします。

サービスの選択画面になるので、サーチ欄に『Twitter』と入力します。

検索結果に『Twitter』が表示されますのでクリックします。

トリガーを選択する画面になるので『New tweet by a specific user』を選択します。

IFTTTTwitterに接続するので『Connect』をクリック。

すでにTwitterにログイン済みの端末であれば、以下の画面が開くので内容を確認して『連携アプリを認証』をクリックします。

Username to watch』には、Discordチャンネルに読み込みたいTwitterアカウント(@以降)を入力して『Create trigger』を押します。

以下の画面になるので、こんどは『Then That』をクリックします。

ここではサーチ欄に『webhook』と入力してください。

Webhook』が表示されるので選択します。

アクションの選択は1つしか表示されませんが『Make a web request』を選択します。

自身の運営するDiscordチャンネルと連携するために『Connect』をクリックします。

以下の画面が表示されます。『URL』の欄にはDiscordの『ウェブフックURL』というものを入力する必要があります。

Discordの『サーバー設定』から『連携サービス』を表示させます。
以下のように『ウェブフック』という項目があるので『ウェブフックを作成』をクリックします。

ここで『アイコン、名前』を設定しておきます (あとで変更も可能)。次に、Twitter投稿を反映させたいチャンネルを選択しておきます。

設定したら『ウェブフックURLをコピー』をクリックします。

IFTTTの画面に戻り、コピーしてきた『ウェブフックURL』を以下のように貼り付けます。

Method』『Content Type』の欄は上記の通りに設定してください。

Body』の欄には以下のコードをコピペしておけば良いでしょう。
(ユーザ名と投稿日、ツイートへのリンクを表示する設定です。)

{
 "content":"@{{UserName}} {{CreatedAt}}: {{LinkToTweet}}"
}

設定できたら最後に『Create action』を押します。

これで『条件』+『アクション』の設定が完了したので『Continue』を押します。

アプレットのタイトルは、自分が分かりやすい内容に書き換えてもOKです。最後に『Finish』をクリックします。

これですべて完了です。
あとは新しいTweetが、Discordのチャンネルに反映されるようになればOKですね。

ツイートがDiscordチャンネルに反映するまで、多少タイムラグがあります(30分〜1時間以内か)。リアルタイムではありませんのでご注意ください。

この記事ではIFTTTを使用して、Twitter投稿をDiscordチャンネルに反映させる方法を解説しました。

いちど設定してしまえば、あとは完全自動化されるのでたいへん便利です。Discordでコミュニティ運営などされる場合は、ぜひ試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました