【新登場】Ledger Nano S PLUS (レジャーナノSプラス) 最速レビュー

Ledger Nano (ハードウェアウォレット) に新製品『Nano S PLUS』が新登場です!

これまでは『Nano S』か『Nano X』かの2択でしたが、両方のいいとこ取りの製品に仕上がっています。旧型『Nano S』との違いや特徴などを詳しく解説します🚀

スポンサーリンク

Ledger Nano S Plusが新登場!

2022年4月6日より、Ledger Nano新製品『Nano S Plus』が、Ledger公式サイトで販売が開始されました。

Ledger Nano S Plus (レジャーナノSプラス) 公式サイト

3月9日には、限定記念版のNano S PLUS – GENESIS EDITION』が公式サイトで先行販売されていました。

限定10,000個の『特別記念バージョン』で、1日ほどで完売したようです。私は完売直前に気がついて購入できました。こちらの製品を早速レビューしていきたいと思います。

Nano S Plus 製品レビュー

レビューするのは限定記念版のGENESIS EDITION』ですが、一般モデルとの違いは刻印が入っていることだけで、仕様はまったく同じです。

まずは『Ledger Nano S Plus』のパッケージです。シンプルでスタイリッシュな感じです。

開封。高級感のある硬めの外箱に入っています。『Nano S』よりもグレードアップした『Nano S Plus』を印象づけるためか、開封体験のクオリティもかなり意識されているようです。

Ledger Nano S Plus (レジャーナノSプラス)を開封

パッケージの中身。Nano S Plus本体、USBケーブル、ストラップ、スタートガイド、リカバリーフレーズシート。

Ledger Nano S Plus (レジャーナノSプラス)の同梱物

リカバリーフレーズの記入シートは、3セット付属します。

あとは、簡単なスタートガイド、ステッカーなどが入ってます。

付属のケーブルは USB Type-A用です。Mac Book等でUSB Type-C端子しかないモデルの場合は、別途ケーブル変換アダプタ等を用意する必要がありますのでご注意ください。

ステンレス部分の質感は高級感を感じます。普通にカッコいいですね。

Ledger Nano S Plus (レジャーナノSプラス)

Mac Bookなど、アップル製品との相性も良さそうです。

Ledger Nano S Plus (レジャーナノSプラス)とMac Book

Ledger Nano X (奥)』との大きさ比較。『Nano S Plus』のほうがかなりコンパクトですね。

Ledger Nano S Plus (レジャーナノSプラス)と、Nano Xの比較

ディスプレイの大きさ比較。手前が『Ledger Nano X』です。『Nano S Plus』のほうが若干小さいですが、表示できる内容はほぼ同等です。

ちなみに、旧型の『Nano S』と比較すると、ディスプレイの大きさに2倍ほどの差があり、あきらかに表示できる情報量が増えています。

Nano S PLUS(上)とNano S(下)の比較

旧型の『Nano S』との大きな違いは、ディスプレイが広くなったことに加え、通貨アプリのインストール可能数が、これまでの『最大3』から、『Nano X』と同等の『最大100』にグレードアップしていることです。

ストレージ容量も『Nano S』の320KBから、一気に1.5MBにアップしています!

Ledger Nano S Plus (レジャーナノSプラス)

つまり、旧型の『Nano S』に比べて、大幅に使い勝手が向上したということですね。
続いて『価格設定』と『ハードウエアの仕様』についても詳しく見ていきましょう。

ハードウエアの仕様

Nano S』は、2016年の販売開始から、すでに5年以上経過しており、さすがに型が古いかなという印象です。今から購入するなら『Nano X』という流れでしたが、価格的にちょっと厳しいという方も多かったと思います。

Nano SNano S PLUSNano X
価格(税込)¥8,990¥11,549¥23,937
サイズ(mm)56.9 × 17.4 × 9.162.4 x 17.4 x 8.2472 x 18.6 x 11.75
スクリーンサイズ128 x 32px128 x 64px128 x 64px
重さ16.2g21g34g
ストレージ容量320KB1.5MB2MB
接続USB Type Micro-BUSB Type-CUSB Type-C
BluetoothxxLedger Live Mobileに対応
バッテリーxxリチウムイオン 100mAh バッテリー
通貨アプリの
インストール可能数
最大3最大100最大100
※ Ledger公式サイトの価格です。

しかし『Nano S PLUS』の登場で、手の届きやすい価格設定でありながら、より広いディスプレイ、USB-C接続、そして、容量も大幅にアップした製品が、ひとつ選択肢に加わったことになります。

Bluetooth接続や、内蔵バッテリーは不要という方は『Nano S PLUS』の一択ではないでしょうか。

ウォレットアプリの仕様

Nano SNano S PLUSNano X
ウォレットアプリ
『Ledger Live』
Windows/Mac/Linux
スマホ (Androidのみ)
Windows/Mac/Linux
スマホ (Androidのみ)
Windows/Mac/Linux
スマホ (Android/iOS)

Nanoデバイスと接続して使用する『Ledger Live』アプリは、デスクトップ版とスマホ版があります。現状、スマホ版については、iOSに対応しているのは『Nano X』のみです。

今後『Nano S PLUS』もファームウェアのアップデートで対応するかもしれません(期待)。

Nano S Plusまとめ

新製品『Nano S Plus (ナノSプラス)』は、4月6日から一般販売を開始しています。
現状、Ledgerの公式サイトのみで購入可能です。

Ledger公式サイトでの購入手順は、以下の記事で詳しく解説しております。公式サイトからの購入が一番安全ですので、ぜひ参考になさってください👇

これから、初めてハードウエアウォレットを購入する方はもちろん、旧型『Nano S』からのグレードアップにも『Nano S Plus』は最適です。また、故障や紛失に備えてバックアップとして2台目の購入としてもアリですね。

購入後の『初期設定』が不安という方は、以下の記事で詳しい画像つきで解説しております。こちらも是非ご活用ください👇

スポンサーリンク

コインチェック
コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました