Ledger Nano (ハードウェアウォレット)を安全に購入する2つの方法

暗号資産を安全に保管するのに、ハードウェアウォレットを購入したい。業界シェアの高いLedger Nanoが良さそうだけど、どこで購入すると安全なのかな?という疑問をお持ちの方も多いはず。

結論、ハードウェアウォレット製造元公式サイトで購入するのが一番安全です。この記事では、ハードウェアウォレットの代表的な製品 Ledger Nano公式サイトで購入する手順を詳しく解説します。

スポンサーリンク

Ledger Nanoを安全に購入する方法

暗号通貨のハードウェアウォレットを中古で買ってはいけないというのは常識ですが、新品ならどこで購入しても安全でしょうか?アマゾンヤフーショッピング等でもLedger Nanoは新品として販売されていますが、結論、これらは買わない方がいいです。

本当に安全かどうか、何も仕組まれてないか確認のしようがないですよね。手軽に製品を購入できても、後で資産を失うようなことがあっては意味がありません。

暗号通貨のハードウェアウォレットは、必ず製造元の公式サイトで購入しましょう。業界スタンダードのLedger社のハードウェアウォレットの購入手順をわかりやすくご説明します。

また、後半にLedger社日本正規販売代理店である「ハードウェアウォレットジャパン社」のサイトでの購入についても解説します。

Ledger Nano公式サイトで購入する

Ledger社公式ショップサイトに行きます。下にスクロールすると、Ledger Nano以外のアクセサリなども見ることができますので、確認しておくと良いかもしれません。

ここでは、Ledger Nano Xを購入してみます。金額が日本円で表示されています。数量を選択して「Add to cart」を押します。

ちなみに『Nano X』と『Nano S』のどちらを購入するか悩んだら、今から買うのであれば『Nano X』を購入した方が良いです。iOSアプリBluetooth接続に対応しているのはNano X』の方だけです。

2022年4月6日から、新製品『Nano S Plus』が発売開始になりました🚀 『Nano X』だと価格的にきびしいという方は、高機能・お手頃価格の『Nano S Plus』がおすすめです。以下の記事で詳しく解説しています👇

カートの中身が表示されますので、数量金額を確認しましょう。『Nano X』の場合は送料無料です。「CT」は消費税ですね。「Checkout」を押します。

メールアドレス発送先情報英字で入力します。住所は正確に入力しましょう。

発送先住所に間違いがないか再度確認します。発送方法は、Colissimoフランスの小包便)か、DHLのどちらかを選択します。私はColissimoを選びました。

最後に決済方法を選択して支払いを完了させます。

公式のサポートページの『支払い可能なクレジットカード』を読むと、上記のほかにVisaAmerican Expressも含まれておりました😀

決済が完了すると以下の確認画面が表示されます。

購入完了のメールが届きます。「発送が完了しましたらご連絡します」とあります。「Review order」を押すと、ブラウザが開いて注文内容の詳細が確認できます。

発送完了の通知

数日後に発送完了のメールが届きました。「Track Package」をクリックすると、ブラウザで追跡状況のページが開きます。

以下のようなページが開き、商品の追跡状況が確認できます。フランス語で表示されますが、以下はGoogle翻訳で日本語表示にしています。

Ledger Nano Xが到着

発送完了のメールから、1週間程度で無事に商品が到着しました。注文から到着までは2週間ほどでした。

間違いなくフランスから発送されています。VIERZON(ビエルゾン)は、Ledger社開発/生産ユニットの所在地です。

Ledger Nano Xの外箱。もちろん開封された形跡などは一切なし。Ledger社の生産拠点から直送なので安心です。

外箱の表面

外箱の裏面

開封。Ledger Nano X本体の下に、ケーブルなどの付属品が収納されています。

本体と同梱物をすべて取り出した状態。

リカバリーフレーズを記入するシート (左上) が3枚付属しています。その他、スタートガイドやステッカーなど。

付属のケーブルは USB Type-A用です。Mac Book等でUSB Type-C端子しかないモデルの場合は、別途ケーブル変換アダプタ等を用意する必要がありますのでご注意ください。

Ledger公式サイトでケーブル類も別売りで販売されてます。

質感はカバーの部分が金属製で高級感があります。しかし持った感じはとても軽いので、持ち運びも邪魔にならないでしょう。

ディスプレイ部分はNano Sに比べて表示領域が広くなり、多くの情報を表示できるようになっています。

Redger Nano S のカラーバリエーション

ここまでLedger Nano Xの購入を例に見てきましたが、公式サイトではLedger Nano Sに関しては通常のブラック以外に、5種類のカラーバリエーションから選ぶことも可能です。

>> Ledger Nano S

通常のブラックだと面白みがありませんが、こちらはパステルカラーおしゃれですよね。明るいイメージで、遊び心があります。

あと、Ledger Nano S用の刻印入りカバーも販売されてます。3種類のペアから選べますので、上記のカラー版 Nano Sと組み合わせてカスタマイズしても面白そうですね。

>> SWIVEL PACK

最初に、Nano Xを購入することをお勧めしましたが、故障や紛失に備えてバックアップとしてNano Sを持つというユーザーもいるようです。2台目として購入するのはアリかと思います。

日本の正規代理店で購入する

Ledger Nanoハードウェアウォレットは、公式サイトで購入するべきと解説してきましたが、もうひとつ安全な購入方法があります。

日本国内では、Ledger正規販売代理店株式会社Earth Ship」が運営する『ハードウェアウォレットジャパン』のサイトで安全に購入することができます。
(※サイトは現在、デザイン変更中のようです。)

ハードウェアウォレットジャパンで購入するメリット

・サイトが日本語なので安心して購入できる
・商品の発送が比較的早い
・日本語の商品説明ページがある
・日本語のFAQページを設けている
・購入者は日本語サポートを受けられる

商品は注文から2〜3営業日内に発送とのことなので、すぐにRedger Nanoを手に入れたい方には良いかもしれません。また、使い方に不安がある方も日本語で (メール等で) 質問できるのも安心材料ですね。

価格、商品バリエーションの比較

取り扱いとしては現状『Nano X』と『Nano S』があります。
ハードウェアウォレットジャパン』では全国一律714円の送料がかかります。

Nano X: 21,761円(税込)
Nano S: 9,889円(税込)
※よく品切れになっていることがあります。その場合は Ledger公式サイトで。

※新製品『Nano S Plus』の取り扱いは現状、Ledger公式サイトのみです。

送料込みで ¥22,475

送料込みで ¥10,603

あと、Ledger公式サイトでは、Nano Sに関しては5種類のカラーバリエーションから選べましたが『ハードウェアウォレットジャパン』で購入できるのは通常のブラックのみです。
(※いずれ取り扱うようになるかもしれませんが)

ただし『ハードウェアウォレットジャパン』のサイトには、Ledger Nanoに関する日本語の情報マニュアル等が充実していますし、商品も早く届き日本語サポートもあることを考えると、こちらで購入するメリットも充分あると言えるでしょう。

まとめ

この記事では、Ledger Nanoハードウェアウォレットを安全に購入する方法を詳しく解説しました。暗号資産は、取引所など1か所に預けっぱなしにするのではなく、いつでも自身で管理できるようにしておきましょう。

Ledger Nano Xの初期設定の手順について、以下の記事で詳しく解説しております。購入前に参考にしていただくことも出来ますし、購入後のセットアップ時にもお役に立つと思いますので是非どうぞ。

スポンサーリンク

コインチェック
コインチェック

コメント

  1. かまち より:

    公式で購入してから記事拝見しました。
    買ってから、「あれ、なんで値段が円表記だったのだろう?」と不安になってましたが、貴記事を読んで、安心しました。でも、なぜ円表記が可能なのでしょう?現在、かなりの円安ですよね?通常、ユーロ表記かなーと思ってましたが。
    あと、クレジットブランドも、アメックスが無かったですが、アメックスで決済できました。なんか色々不安です(汗

タイトルとURLをコピーしました