StatesCard 日本でアメリカ発行カードを入手したい人向けの解決法

海外のオンライン決済で日本のクレジットカードが使えないことがありますよね。アメリカのクレジットカードを作りたくても、基本アメリカの滞在者でないと日本人には作ることができません。

たしかにクレジットカードを作るのは難しいのですが、アメリカ発行のバーチャル・プリペイドカードであれば、日本の居住者でも簡単に作ることができ、アメリカ限定で提供されているアプリストリーミングサービスなどでも決済が可能になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

バーチャル・プリペイドカード StatesCard

今回ご紹介するのは、StatesCardというプリペイド式バーチャルカードです。米国外の居住者でもアメリカのWebサービスの決済を可能にすることに特化したサービスで、特徴としては以下の点が挙げられます。

・物理カードは発行されずバーチャルカードのみ
・アメリカ発行のMasterCardとして使える
・事前にチャージした分だけ使える
・決済用にアメリカ国内の住所も付与される

さっそく、バーチャル・プリペイドカードStatesCard」の使い方を詳しくみていきましょう。

StatesCard アカウントの作成

StatesCardは登録に面倒な手続きもなく、カードがすぐに使えるようになります。カード取得までの流れを簡単に解説していきますね。

まず、公式サイトのトップページから「SIGN UP」ボタンをクリックします。

以下の画面になるのでメールアドレスとパスワードを入力して「Sign Up」ボタンを押します。

すぐに確認用のメールが届くので「Activate your account」をクリックします。

するとこのように「アカウントの有効化いただきありがとうございます」という画面になるので、再度、設定済みのメールアドレスパスワードを入力してログインします。

名前生年月日住所を入力する画面になるので、すべて英字で入力します。「Next」を押します。

と、ここで本来は、写真付き身分証明書のアップロードを求められるようなのですが、私の場合はそういった画面は表示されませんでした。人によっては本人確認のために表示されるかもしれません。

おそらく上記のような感じです。海外の方のレビュー記事にあった画像を参考までに貼っておきます。

これだけの手順で、すぐにバーチャルカードが発行されて、以下の画面が表示されます。入金Load)すればすぐ使えるようになっています。

バーチャルカードに金額をチャージする

プルダウンからLoadする金額を選んで、支払い方法をクレジットカードPayPalのどちらか選択します。

Loadする金額を選択

支払い方法を選択

1ヶ月の期間でLoadできる金額は最大100ドルまでになっています。この限度額を上げたい場合はサポートチームに連絡すれば対応してもらえるようです。ちなみに、100ドルLoad限度額は、1ヶ月経過するとリセットされるとのこと。

クレジットカード/PayPal手数料が、Load金額の6%〜6.5%程度、また、初回のみカードの新規発行手数料として14.95ドルほどかかります。金額を確認して問題なければ「Confirm Order」を押します。

この手数料、6%〜6.5%とか14.95ドルというのは厳密な数字ではなく、日によって若干の変動があるようです。詳しくは公式サイトの料金表をご確認ください。

これら以外の費用は、カード維持費で月額3.95ドルかかります。

無事に入金が完了すると、以下のようにMy Card画面が表示されます。「Show Card Details」ボタンを押すと、カード番号有効期限CVV4桁の暗証番号)を確認できます。ちなみにカードブランドは「MasterCard」です。

そして、画面右側に「Card Billing Address」とあります。
このStatesCardの便利なところは、バーチャルカードが発行されるだけでなく、カード決済用の住所まで付与されるところです。

アメリカのオンライン決済で、請求書先住所(Billing Address)の入力を求められる場合はこちらの情報が使えるので安心です。

利用履歴を確認する

利用履歴を確認するには「My Card」の右下にある「Transactions」から「View Transactions」ボタンを押します。

View Transactions」ボタンの上にはセキュリティコードが表示されています。次の画面でログインするのに使用します。

View Transactions」ボタンを押すと、別ウィンドウで以下の画面が開きます。

EML Paymentsという会社のページで、バーチャルカードの決済管理などをしている会社ですね。「StatesCard」は、この会社の決済システムを利用してサービスを提供している形のようです。

カード番号セキュリティコードを入力すると、利用履歴が確認できますが、毎回入力するのは手間なので、「CREATE ACCOUNT」でアカウントを作成しておきます。以後はメールアドレスパスワードでログインできます。

名前メールアドレス電話番号パスワード住所を入力して「Submit」します。

アカウントの作成後はメールアドレスパスワードでログインできます。

ログインすると、カード情報取引履歴などが確認できるようになっています。

取引履歴を見ると、アカウントを作成した日に25ドルチャージ(入金)したのですが、次の日に「Monthly Fee月額のカード維持費)」として、3.95ドル引かれて(Unload)いました。

初期費用とランニングコストまとめ

StatesCardでのバーチャルカード作成にかかる費用と、月額の維持費は以下の通りです。

カード発行初期手数料(初回のみ)$14.95
チャージ手数料(トランザクションごと)チャージ金額の6% 〜 6.5% + $0.3
カード月額維持費(毎月)$3.95

1回だけ海外決済で使用したいという場合は、決済後にカードを解約してしまえば月額維持費Monthly Fee)がかかりませんね。カードを維持した場合は、1年間で47.4ドルの支出が必要になります。

解約する場合

StatesCardを解約したい場合は、私がまだ解約する予定がないので確認した訳ではありませんが、おそらくサービス画面の右下にある「質問ボタン」から依頼するのだと思います。

表示されるポップアップから「Ask」を選んで「Email」を押します。メールフォームが表示されるので「解約したい」と英語で送信すれば、メールで返信があると思います。

解約の理由など聞かれるかもしれませんが「必要なくなったから」などと返せば問題ないかと。もし私の方で、将来的に解約することがあれば、こちらの記事で情報を更新したいと思います。

新規受付を停止していることがある

アメリカ国外からでも、クレジットカード決済ができるバーチャルカードということで、やはり人気があるようで、私が初めて申し込みをしようとした時は、以下のように新規受付をストップしていました。

「現在、新規申し込みは受け付けておりません。」と表示

いつごろ受付を再開するか?」とメッセージで質問してみたところ、「最近の新規ユーザーの増加に伴い、現在、新規カード発行の上限に達しています。」と回答がありました。


この回答があって数日後には、申込みできるようになっていたので、今回はカードを作ることができたのですが、またどこかのタイミングで、新規受付をストップするかもしれません。その場合は、こまめにStatesCardのサイトを確認してみてください。

アメリカ発行プリペイド式バーチャルカードを提供しているサービスは、StatesCard以外にもあるようです。その中でも、ひとつの選択肢として、今回使用してみて「悪くないな 🤔」と感じたので、共有させていただきました。

コメント