Disney+(ディズニープラス)の解約手順をドコモと公式で比較

Disney+ (ディズニープラス) を始めてみたいけど、事前に、解約方法についてもしっかり確認しておきたい。

また、ドコモ入会と、公式サイト入会では、解約方法に違いがあるのかも知りたい。そんな疑問に詳しく回答していきます。

Disney+解約手順をドコモと公式で比較

Disney+ (ディズニープラス) の入会を考えているけど、もしかしたら、数ヶ月で退会するかもしれないし、事前に損しない解約方法を知っておきたい、という方も多いですよね。

観たい作品があるときだけ、サクッと再開して、ひと通り観終わったらしばらく課金を停止しておく、そんな自由度の高い使い方ができるとおサイフにも優しいです。

ドコモ入会者と、公式サイト入会者とでは、じつは解約方法にかなりの違いがあります。事前に確認しておくことで、自分の条件に合った入会方法を選択することができます。

ドコモ入会者の解約手順

では、ドコモ経由で入会した方の解約手順から解説します。

まず、ディズニープラスのホーム画面、右上の『プロフィール』から『アカウント』をクリックします。

開いた画面に『サブスクリプション』というセクションがあるので『詳しくはこちら (dアカウントログインが必要です)』をクリックします。

別ウィンドウで、dアカウントのログイン画面が開きます。IDパスワード、2段階認証用のセキュリティコードを入力しログインします。

ドコモでの契約内容が表示されます。画面を下の方にスクロールしていくと、目立たない位置に『ディズニープラスの解約はこちら』とあるのでクリックします。

解約理由のアンケート画面が表示されます。何か理由があればチェックして『次へ』を押します。

解約を引き止めるための、恐ろしく長いページが表示されます。一番下までスクロールすると、やっと『解約手続きへ進む』というボタンがあるのでクリックします。

小さな字で『解約手続きを行いますと、サービスが即日ご利用いただけなくなります。』とあるのも見落とせないポイントです。

さらに別ページで docomoオンラインのページが開きます。また恐ろしく長いページです。

Disney+(ドコモ)を解約する』にチェックを入れ、注意事項に目を通して『注意事項に同意する』にもチェックを入れます。

ページの一番下まできたら『次へ』をクリックします。

手続内容を確認する画面が開きます。確認したら『手続きを完了する』ボタンを押します。

ようやく、解約手続きが完了しました。

以上が、ドコモ入会者の解約手順となりますが、けっこう頻雑だったと思います。
また、ドコモ解約においては、以下の2点に注意が必要です。

  • 解約したら、即サービスの利用が停止される。
  • 月の途中で解約しても、1日〜末日までの1か月分の料金が全額請求される。

Disney+公式サイト入会者の解約手順

続いて、Disney+公式サイト経路で入会した方の解約手順です。

さきほどと同じく『プロフィール』から『アカウント』→『サブスクリプション』と進みます。するとなんと『解約する』ボタンがすぐに出てきます。

解約だけでなく、プラン変更や支払い方法の変更も、ここでダイレクトに行えます。

解約理由を選択して『解約手続きを続ける』をクリックします。

軽く “引き止め” が入りますが、ドコモのように過剰ではないので、ユーザーへの負担が最小限になっていますね。『Disney+を解約する』をクリックします。

たったこれだけで解約が完了しました。
ドコモとは比較にならないくらいシンプルでしたね。

公式サイト入会者の『解約時のポイント』は以下の点です。

  • 解約後も現在の請求期間が終了するまでは、最後までディズニープラスを視聴できる。
  • よって、いつ解約しても損することがない。

つまり『退会するのも、また利用を再開するのもユーザーの自由』というサービス設計になっている訳ですね。


いっぽう残念ながら、ドコモ経由ですと、入会時も退会時もユーザー目線や、プライバシーの配慮に欠けているなというのが、ぼくの率直な考えです。

サブスクを再開したくなったら

観たい作品を見終わったので、しばらくサブスク課金を止めておきたいってこともありますよね。そういった場合でも、公式サイト経由からであれば、いつでも簡単に利用を止めたり、再開したり出来ます。

いったん解約したあとも『Disney+アカウント』は登録が残っているので、公式サイトから同じアカウントでログインできます。
※『ディズニーアカウント』ではなく『Disney+アカウント』の方です。

メールアドレス・パスワードでログイン

以下のように『おかえりなさい』と迎えてくれますので『サブスクリプションを再開』を押します。

『おかえりなさい』→『サブスクを再開』

あとは、クレカPayPalで決済するだけです。Disney+公式サイト経由であれば、お得な年払いを選ぶこともできます(ドコモ経由だと月払いのみ)。

このように『一時休止』のような形で課金を止めておいて、観たい作品が始まる際に利用を再開する、という使い方も公式サイト経由であれば気軽に行えます。

その点、ドコモ経由ですと、解約するにも再開するにも手間が多く、気軽に出入りするのにはどう考えても向いてません。

ドコモとDisney+公式は入会ページが別

Disney+公式サイトからサブスクを再開するときに気をつけたいのは、ドコモの入会ページに行ってしまうことですね。以下のようにURLが別になってますので間違えないようにしましょう。

ドコモ入会ページ: 
https://disneyplus.disney.co.jp/

Disney+公式ページ:
https://www.disneyplus.com/ja-jp/

日本国内にいると、ドコモが強力なキャンペーンを展開してますので『ドコモ経由で入会した方がお得かも?』と錯覚しがちですが、ほんとうにお得なのかどうか、自分で判断できると良いですよね。


これからディズニープラスを始めようと考えている方、あるいは、いったん課金を停止しようかなと考えている方、どちらにも参考になればと思います。

以下の記事でも、ドコモ経由と、公式サイト経由の入会を更に詳しく比較しておりますので、是非ご参考になさって下さい。

Disney+公式ページ:
https://www.disneyplus.com/ja-jp/

コメント

タイトルとURLをコピーしました