Loomアプリをチームで活用するために知っておくべき設定を解説

ビデオメッセージ共有アプリ Loom の基本的な使い方は別の記事で詳しく解説していますが、企業や団体がチームとしてLoomを活用する際『ワークスペース』という作業環境の設定を理解する必要があります。こちらの記事では、チームで Loomを運用するのに必要な、メンバーの管理、権限の設定、支払い設定、カスタマイズ方法などについて、詳しく画像付きで解説していきます。

Loomアプリ(PC版・スマホ版)の基本的な使い方は
以下の記事で詳しく解説しております。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Loomアプリをチームで活用する

Loomは、2020年10月に大きなアップデートがあり、それまでも手軽にに画面収録ができるアプリとして人気が高かったのですが、さらにチームで活用するための機能を大幅に強化しました。

これにより、複数のメンバーを管理する『ワークスペース』という作業領域が実装されました。また、メンバーの追加権限の管理請求/支払いの確認ビデオ共有画面のカスタマイズなどをが出来るようになっています。この記事では Loomのチーム運用に不可欠な『ワークスペース』関連の設定について理解を深めていきます。※『ワークスペース』はビジネス版だけでなく無料版にも実装されています。


Loom
アカウントにブラウザからログインすると、以下のような画面が表示されます。左側のパネルに「Settings (設定)」の項目があり、そこから詳しく『ワークスペース』の設定をすることが出来ます。

Settingsをクリックすると、WorkspacePersonal の2つのメニューが表示されます。

メンバーの権限について知る

複数のメンバーを『ワークスペース』で管理できるようになり、メンバーそれぞれの役割・権限を設定できるようになっています。

Loom
では、メンバーそれぞれの役割を、
Admin
(管理者)、Creators(製作者)、Viewer(閲覧者)に分類しています。

役割権限
Admin (管理者)ワークスペースの設定管理、メンバーの役割を編集、
サブスク支払いの管理、
ビデオのを録画、共有、整理、アップロード、編集、
クリエイターや他の管理者をワークスペースに招待
Creator(製作者)ビデオのを録画、共有、整理、アップロード、編集、
クリエイターやビューアーをワークスペースに招待
Viewer (閲覧者)ビデオ視聴、リアクション、コメント
他のビューアーをワークスペースに招待

Admin以外を、CreatorViewerの2つに権限分けをしているのは、ビジネス版の場合Creatorは1人ごとにサブスク請求の対象になりますが Viewerは無料だからです。いっぽう無料のStarter版Creatorも無料なのでViewerは追加できないようになっています。

Workspace (ワークスペース) の設定

それでは、設定画面で出来ることを見ていきましょう。Workspaceの設定は7項目です。
(※ 無料版は Securityの項目がないので6項目です。)

General(全般)

Workspace name & logo

上から順番に見ていきましょう。まず「ワークスペースの名前」と「ロゴ」を設定できます。

New Memberships

続いて、新規メンバーを追加招待)する際の権限設定です。デフォルトでは Creator が他のメンバーを Viewer あるいは Creator として追加することができる設定になっています。

ただし、プルダウンから「Viewer only」を選択すれば、Creator が追加できるのは Viewer のみに限定できます。

Workspace membership

こちらは、管理者が登録しているメールドメインと、同じドメインのメールアドレスで Loom に新規サインアップがあった場合、新しいメンバーを自動的に(管理者の承認なしで)同じワークプレイスに追加させる機能です。新しいメンバーを ViewerCreator どちらで参加させるかはプルダウンから選択できます。

また「Access」のプルダウンから After admin approval を選択すれば、新メンバーの追加には毎回、管理者の承認を必要にすることも出来ます。

Workspace Content(エンタープライズ版のみ)

ビデオコンテンツのプライバシー設定を細かく設定できます。利用するにはエンタープライズ版へのアップグレードが必要です。

Plan & Billing

利用プラン請求についてです。以下はビジネスプランの画面なので「$8(月払い契約の場合は$10)」と表示されてますが、無料(Starter)プランであれば「Free(無料)」と表示されます。

AdminCreatorViewer がそれぞれ何名登録されているかがわかります。Viewer は無料ですが、Admin Creatorは1人ごとにサブスク請求の対象となります。

上記の画面の場合、Admin が1人、Creator が0人なので、「$8  1 seat」となり、請求は1人分ということになります。Creator (あるはAdmin) を追加登録した分だけ、人数分の請求が月ごとに発生します。

Recent bill activity

ワークスペースの作成者(初期管理者)以外に、請求対象となるメンバー(Creator あるは Admin) が追加された際に、請求対象となるアクティビティが週計でこちらに表示されるようです。

Payment Methods & Billing History

支払い用のクレカ情報を編集できます。Billing History からは請求書を pdf でダウンロードできます。

Members

Loomをチームで活用するのに重要となってくるメンバーの管理設定です。「Invite Member」 ボタンを押して新規メンバーを招待することができます。

ボタンを押すと以下のような画面が開くので、招待したいメンバーのメールアドレスを入力し、「Role」から新メンバーの役割(権限)を選択します。「Add」ボタンを押して確定します。

以下の画面では、新規メンバーを Viewer として招待することになります。「Send Invitation」をクリックします。

メンバーのリストに invite pending招待の保留中)と表示されました。

いっぽう、招待を受けたメンバーには、以下のような招待メールが届きます。メール文中の「Join this workspace」をクリックします。

招待されたメンバーがすでに Loomユーザーであれば、Welcome という表示が出て、すぐに招待されたワークスペースに参加することが出来ます。非ユーザーの場合は新規でアカウントを作成する画面になるのでアカウント作成から始めます。

Loomユーザーであればすぐ参加できる

非ユーザーの場合はアカウント新規作成

招待した側の管理画面に戻って確認してみると、invite pending保留中)の表示が消えて、メンバーとして追加されたことが確認できます。

Admin(管理者)であれば、各メンバーの Role の変更ができます。先頭のアバターアイコンをにチェックを入れると、以下のように Role の変更画面が表示されます。また、ここからパスワードリセットの送信や、メンバーの削除も行うことができます。

Appearance

Video Player

ここでは、ビデオの再生ボタン再生バーのカラーを好みの色に変更することができます。企業や団体であれば、その企業/団体イメージに合わせて統一感を演出することができます。「Pick a color」をクリックするとカラーパレットが表示されるので、好きな色に変更します。

たとえばこのような感じで変更することができます。変更したら Save を押します。

Video Share Page(ビジネス版のみ)

ビデオ共有ページの左上に表示される Loomのロゴをオリジナルのロゴに変更することができます。

たとえばこのような感じですね。よく目立つ位置ですし、ブランディングの観点からも、ここをカスタマイズしているだけで、だいぶビデオ視聴者の印象も変わるのではないかと思います。

White-label

通常、ビデオの共有画面の右上には Loom の非ユーザー向けに、Loom の新規アカウント作成を促すためのボタンが表示されます。「Promote Loom」のスイッチをオフにするとこれらが表示されなくなります。

通常は、以下のように Loom の新規アカウント作成を促すためのボタンが表示されます。

Promote Loom」のスイッチをオフにした場合。きれいに表示されなくなります。

Security(エンタープライズ版のみ)

Loomアカウントへのログインの際に Single Sign On (SSO) の機能を使い、よりセキュリティを高めることができるようになります。SSOを提供しているサービスとの連携や各種設定が必要です。

Engagement

ここではビデオの統計データを見ることができます。どのビデオがどれくらい視聴されたかコメントリアクションの数CTAボタンのクリック数、などを確認することができ、CSVファイルとしてダウンロード出来ます。

Integrations(エンタープライズ版のみ)

Integrations は他社のサービスと Loom を連携する機能ですね。Salesforce は顧客管理システムやマーケティング支援などのクラウドサービスです。Loom と連携することによって、主にビデオコンテンツ視聴のデータ分析・効果測定などを強化できるようになります。エンタープライズ版にアップグレードすることで使用できます。

Personal (個人) の設定

Personal Settings では個人としてのアカウント設定をしていきます。設定は3項目です。

My Profile 

Photo & Name

Profile Photo にはアバター画像を設定できます。名前は「漢字」↔「アルファベット」の変更なども可能です。

Contact Info

こちらはアカウントにログインする際のメールアドレス設定ですね。SlackGoogle のアカウントでログインする設定も可能です。

Password

パスワードの変更、およびリセットパスワード。

Default Workspace

複数のワークスペースのメンバーになっている場合は、ここからデフォルトのワークスペースを選択できます。

Loomスマホアプリ版には、現状はワークスペースの切替え機能が無いのですが、スマホでビデオ収録したときに、意図したワークスペースにアップロードされないと困りますよね。おそらく、そういった問題を回避するために、ここで設定したデフォルトワークスペースにアップロードするようにしているのかと思います。

Leave a Workspace

メンバーは自分からワークスペースを抜ける退出する)ことが出来ます。管理者(Admin)が1人の場合は抜けると管理者が居なくなってしまうので、以下のようにボタンが押せなくなっています。

管理者でなければ、プルダウンからワークスペースを選択して「Leave Workspace」ボタンでメンバーから抜けることができます。

My Workspace content

Move your content to a different Workspace』では、異なるワークスペース間で、ビデオライブラリを移動させることができます。

『Download your data』では、ビデオデータをダウンロードできる訳ではなくて、ビデオのIDや作成日などのメモデータをJSONファイルでダウンロード出来ます。

Notifications

通知設定です。デフォルトではすべて有効になってるので必要な通知だけオンにしておくと良いですね。

Integrations

Loom を会社や団体などチームで活用する際、Loom単体で使用するというより、現在使用している他のサービスと連携して使用することで更に利便性が向上します。

このLink Expanding のスイッチをオンにしておくと、各種サービスとの連携が自動的に行われます。

たとえば GメールLoomビデオの共有リンクを貼り付けると、メール文章内にビデオのサムネールが自動的に表示され、ビデオ内容もわかり易くなります。しかし、スイッチをオフにしていると、共有リンクのURL文字列が単純にペーストされるだけになります。

使っていないサービスはオフで構いませんが、普段使いのサービスはオンにしておいた方が利便性が向上するでしょう。

今後もし、SlackMicrosoft Teams、あるいはDiscord などのテキストチャット、ビデオ通話に強いサービスとの連携が進めば、お互いの強みを活かしつつ、Loom のビデオ共有コミュニケーションという立ち位置を活かすことが出来るので今後の展開に期待したいですね。

Loom チーム運用のまとめ

自身が管理者の場合も、あるいは他のワークスペースにメンバーとして招待される場合も、権限によって出来ることが異なってきますので、異なるワークスペース間で作業する場合はこのあたりの理解に気を付けたいですね。

今後もチーム運用面での機能強化がされていくと思いますので、また何かありましたら更新します。
Loomの基本的な使い方については、以下の記事を参考になさってください。

コメント