Loomアプリ完全ガイド – 非同期ビデオコミュニケーションで生産性を向上させる

社内コミュニケーション効率の改善に取り組まれている企業も多いと思いますが、どのプラットフォーム(GoogleMicrosoftSlack等)を利用しても、チャットメールビデオ通話がメインであり、多少使い勝手に違いはあれど、生産効率に大きな違いを出すことは出来ません。

海外では、非同期ビデオコミュニケーションを導入する企業が増えており、大量のメール処理や、長時間のWeb会議から開放され、生産性の向上を実現しています。この記事では、非同期ビデオメッセージアプリLoomを導入し、企業やチーム間での遠隔コミュニケーション効率化を進められるように記事を構成しています。

以下、4つの記事へのリンクで構成されています。順番に読み進めていただくと、スムーズにLoomを導入できると思います。

Loomアプリの使い方
①と②では、アプリの使い方を基礎から応用までご確認いただけます。

後半は、Loom企業やチームで運用する上での設定方法、最後に、Slackとの連携によるさらなる効率化についても解説しています。

Loomアプリの使い方 ①基本編

Loomビデオ音声共有でメッセージを伝えるアプリの使い方

Loomアプリの導入方法。デスクトップアプリ・モバイルアプリの基本的な操作方法を解説。

Loomアプリの使い方 ②上級編

Loom 収録したビデオの視聴設定や編集・共有方法

収録したビデオの編集、共有範囲の設定、コメント/リアクション機能などについて解説。

企業/チーム利用における設定

Loomアプリをチームで活用するために知っておくべき設定

ワークスペース、メンバーの管理、権限設定、支払い設定、カスタマイズ方法などについて解説。

Slackとの連携・業務効率化

SlackにLoomを連携して非同期ビデオコミュニケーションを導入する

導入済みのSlackに Loomをアプリ連携し、Slack上で非同期ビデオメッセージを実現する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました