【初心者向け】Unreal Engineのインストール方法を画像つきで解説

今後、ゲームの世界だけにとどまらず、バーチャル空間の構築や、アバターやデジタルアイテムの制作技術に大きな需要が集まることが予想されます。そんな中 Epic Gamesが提供しているUnreal Engineに興味を持たれている方も多いと思います。私もそんな1人です。

たしかにゲームエンジンとかって、習得するハードルは高そうですし、プログラミングも難しそうですよね。しかし始めてみないことには何も得ることは出来ません。まずはUnreal Engineのインストール方法をわかり易くまとめましたので、初心者の方もいっしょに勉強していきましょう。

※ 本記事は Macを使用しての解説になりますのでご了承ください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Unreal Engineをいま始める理由

Unreal Engineは、フォートナイトでおなじみのEpic Gamesが提供するゲーム開発環境です。3D仮想空間内での物理シミュレーションなど高度な情報処理が行われ、驚くほどリアルなビジュアル世界を生成することができます。

おもにゲーム制作を目的として進化してきたゲームエンジンですが、現在、ゲームを含めたいくつかの仮想空間プラットフォーム上では、イベントやコンサートが開かれたりユーザー同士のコミュニケーションの場としても広がりを見せています。

今後はクリエイターはもちろん、個人でも企業でも自身のバーチャル空間やアバターを所有する時代になっていきます。そうなるとバーチャル空間やデジタルアイテムを制作できるスキルの需要が爆伸びするはずです。

いまや、誰でも簡単にWebサイトを作れるようになりました。ツールが進化したからです。ゲーム制作も、以前は限られた人しか出来ませんでしたが、ゲームに限らず仮想世界やアバターなど、今後は誰でも自由に作れるようになっていくはずです。Unreal Engineも今は習得が難しくても将来的には簡単に扱えるようになっていくでしょう。多くの人が始める前にいま始めましょう。

Epic Games Launcherをインストールする

まず EPIC GAMESサイトの Unreal Engine のページにいきます。「DOWNLOAD」か「GET STARTED NOW」のどちらかをクリックします。

以下の画面が表示されます。Unreal Engine には、PUBLISHINGCREATORS、2種類のライセンスがあります。簡単に言うとPUBLISHING は商用利用、CREATORS は非商用ということのようです。

PUBLISHING:制作したゲーム等を販売して収益を得ることができる。
CREATORS:制作したコンテンツ等を販売することはできない。

DOWNLOAD NOW ボタンを押すと以下の画面になります。Unreal Engine インストールまでの流れが3ステップで解説されてます。動画もあるので日本語字幕を表示させれば手順が理解しやすいかと思います。

  1. Epic Games Launcherをインストールする
  2. Epic Games Launcherにサインインする
  3. Unreal Engineタブの、Engineインストールボタンを押して最新版をインストールする

動画を確認したい方はこちら。(2分52秒。設定 → 字幕 → 日本語でどうぞ。)

ちなみに、上記のインストールガイドのページが開いた時点で、Epic Games Launcherインストーラファイルが自動的にダウンロードされていると思いますのでインストールしておきます。

Epic Games Launcher のインストーラファイル

Epic Games Launcherのインストールが終わったら起動します。起動にけっこう時間がかかります。(けっこうと言っても数分ですが)

Epic Games Launcherが起動すると以下の画面になりますので、Epic Gamesアカウントでサインインします。Epic Gamesアカウントを持っていない場合は1番下の「サインアップ」からアカウントを作成します。

アカウント持ってる方はサインイン。

Unreal Engineのダウンロード

Epic Games Launcherの画面がやっと表示されました。最初から日本語化されているのでわかりやすいですね。右上の「エンジンのインストール」をクリックします。

ライセンス契約書に同意する場合は「同意します」にチェックを入れて「同意」ボタンをクリック。

Publishing ライセンスを選択していたのですが、ちゃんと「For Publishing 」になっています。

インストール先を聞かれます。ファイルサイズが大きいので必要であれば変更します。変更しない場合はそのまま「インストール」をクリック。

Unreal Engineのダウンロードが始まります。最初は「お待ち下さい」の表示。

表示が「インストール中」に変わりました。これを見て驚いたのですが Unreal Engineのサイズって10GB以上もあるんですね。ダウンロード & インストールがなかなか終わりません。下り300Mbpsほどの通信環境でしたが、完了するのに40分ほどかかりました。もっと低速なWi-Fi 環境だと数時間かかる可能性があります。

インストールが完了すると以下の表示に変わりますので「起動」を押します。

これでようやくUnreal Engineが起動するかと思いきや、次のアラートが表示されます。

どうやらMacの場合、Unreal Engineの起動には Xcodeがインストールされている必要があるようです。Xcodeとは Appleが提供するソフトウェアの統合開発ツールですね。

XcodeApp Storeから無料で入手できます。

App StoreからXcodeを入手する

App StoreからXcodeを入手します。しかし、Xcodeのファイルサイズも尋常じゃないですね、11.6GBもあります。

Xcodeのダウンロード & インストールが順調に進んでいるかと思いきや、以下のように 進捗80%くらいの表示から進まなくなりました。この表示のままいつまで経っても変化がありません。

ネットで調べてみたところ「Xcode インストール 終わらない」「Xcode インストール 進まない」など、同じ現象を経験されている方が多いことが分かりました。原因はよく分からないのですが、解決策を紹介している記事があったので試してみました。

Macに標準で入っているアプリで「アクティビティモニタ」というのがあるので、まずそれを開きます。

アクティビティモニタ が開いたら「appstoreagent」というプロセス名を探します。見つけるのが大変なので、以下のようにサーチボックスを使うと絞り込めます。

appstoreagent」が見つかったらダブルクリックして、開いたウインドウから「終了」をクリックします。

確認の画面が出ますので「強制終了」をクリックします。※「終了」でも同じだと思いますが念の為。

すると、確かにXcodeのインストールが完了していました。理屈は分かりませんがとにかく解決しました。

この時点で、App StoreLaunchpadの画面上は Xcodeのインストールが完了していないように見える場合もあります。その場合はMacを再起動してみてください。

インストールが完了したXcodeは、いちど起動してライセンス契約に同意しておきます。

Unreal Engineを起動!

再度、Epic Games Launcher からUnreal Engine を起動してみます。

こんどはどうやら上手くいきそうですが、左下に「初期化中 ..   %」という表示がでて、ここでまた少し時間がかかります。マシンのスペックにもよると思いますが。初期化が終わると無事に起動します。

ちなみに今回、以下の3つのモデルにインストールしてみたのですが、
 ・MacBook Air (M1)
 ・iMac (5K, 2017)
 ・MacBook (Early 2015)
古いモデル MacBook (Early 2015) では上記の「初期化」終了後に以下の警告が表示されました。まあ、2015年モデルでは無理ですよね 、、。

というわけで、少し手間取りましたが Unreal Engine のインストールと起動までが無事に完了しました。これからUnreal Engine をインストールされる方の参考になれば幸いです。

今後はUnreal Engineの実際の使い方や、Epic Games Launcherの活用例などを初心者目線でわかり易く解説する記事を投稿できればと思います。

→次に進む 新規プロジェクトの作成

コメント