NFTドメインにPFPs (プロフィール画像)を設定する方法【Unstoppable Domains】

Unstoppable Domainsで取得したNFTドメインには、自身の所有するNFTコレクションプロフィール画像 (PFP) として設定することが出来ます。

自分が応援している、お気に入りのNFTコレクションを設定しても良いですし、企業であればブランディングを考えたオリジナルNFT、クリエイターさんであれば、自作のNFT作品を設定して名刺代わりに使うことも出来そうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

NFTドメインにPFPs (プロフィール画像)を設定する

NFTドメインの取得、暗号アドレスの追加方法は、
以下の記事で詳しく解説しています。

取得してMintが完了したNFTドメインは、以下のようにNFTマーケットプレイスOpenSeaで確認することができます。Unstoppableのロゴと、ドメイン名のみ表示されていますが、このままでは味気ないですよね。

UnstoppableManage機能では、自身の所有するNFTコレクションをドメインのプロフィール画像(PFP)として設定することが出来ます。NFT画像を設定することで、自身の価値観や、所属するコミュニティなど、デジタル上の自己表現の幅が広がりますね。

所有するNFTを、プロフ画像として設定できる

NFT画像の設定は簡単にできるので、手順を解説します。「My Domains」から該当ドメインの「Manage」をクリックします。

Manage画面になりましたら「Picture (BETA)」を選択します。

Connect NFT」をクリックします。

この機能は現在ベータ版となっており、現状は、イーサリアムでMintされたNFTアートワークしかサポートしていないそうです。

接続したWalletに紐付いているNFTコレクションがあれば表示されますので、プロフィール画像として設定したいNFTを選択します。

決定したら「Confirm Change」をクリック。

Walletとの「接続」→「署名」を促されます。ポリゴン上でMintしたドメインであれば、NFTプロフィール画像を設定するのにガス代 (手数料)はいっさいかかりません。完全無料です。

ウォレットとの「接続」「署名」が完了すると、上部に「Track Progress (進捗を追跡)」と表示されるのでクリックします。

変更を記録中のあいだは「Pending (保留中)」と表示されています。

何分か待つと「Completed (完了)」の表示に変わります。これでドメインにNFT画像を設定することができました。

ここで、OpenSea上で表示を確認してみると、設定したプロフィール画像がすぐには反映していません。画像が生成されるまで数日かかる可能性があるそうです(私の場合は半日ほどで反映しました)。

反映しない場合は、ドメインの個別画面で「Refresh metadata」ボタンを1回押して、翌日に確認してみると良いかなと思います。

半日ほどして、NFT画像がドメインのプロフィール画像 (PFP) として反映しました。

設定したNFT画像は、いつでも変更できますので、いろいろ試してみると楽しそうです。個人であれば、デジタル上のアイデンティティを表現できるようなPFPを設定できるといいですね。高額なNFT画像を設定していれば資産の証明にもなりそうです。

企業やプロダクトであれば、ブランディングになるような独自のPFPを設定できると、NFTドメインの運用価値が上がるかなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました