ブロックチェーンドメインNFTの取得方法【Unstoppable Domains】

暗号通貨を送受信するのに、毎回26~42文字の複雑な英数字をコピペしたり、通貨ごとにいくつもの暗号アドレスを管理するのって非効率ですよね。誰に(どこに)送っているのかも分かりにくいし、送金ミスする可能性もあって特に初心者にとっては不安材料かと思います。

ブロックチェーンドメイン(NFTドメイン)を使えば、name.wallet などのユーザー名アドレスで、まるでEmailを送るように簡単に暗号通貨の送受金ができるようになります。この記事では、ブロックチェーンドメイン(NFTドメイン)の取得方法について分かりやすく解説します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブロックチェーンドメイン(NFTドメイン)とは

現状、暗号通貨の取引には、2642文字の複雑な英数字の暗号アドレスが使われています。しかし、暗号通貨にはたくさんの種類がありますし、複数の通貨取引所やウォレットを使用していると使用するアドレスも多くなり管理が大変になります。うっかり送金ミスでもしたら大金を失ってしまうリスクもあります。

 イメージ

ブロックチェーンドメインNFTドメイン)を使えば、Emailを送信するのと同じくらい、暗号通貨の送信が簡単になります。たとえばブロックチェーンドメインを使った『ユーザ名アドレス』と従来の暗号アドレスとを比較すると以下のようになります。

26~42文字の英数字:
 0x468B609Cb13Eb1126260f91cD4FC22F98ea499Ec

ブロックチェーンドメインNFTドメイン):
 yutaka.wallet

ブロックチェーンドメインの方は送金先が一目瞭然ですね。しかも、このドメインひとつで様々な暗号通貨アドレスを送受信できるので、通貨ごとにたくさんのアドレスを管理する必要もなくなります。

個人であれば自身のファーストネームとか、事業をしている方ならサービス名プロダクト名屋号など、企業であれば企業名などをドメイン名に使うことが考えられます。

現状、すべての暗号ウォレットや取引所が、ブロックチェーンドメインでの送受金に対応している訳ではありませんが、先日、ウォレット/取引所の主要32社が『.Wallet Alliance』を提携し、今後、.walletドメインでの送受金の対応が各社で進むことも決まっています。

今後、暗号通貨NFTの取引が、限られた層から一般層まで広がってくると、より簡単で安全に取引できる仕組みが求められてきます。それに伴い、情報感度の高い個人や企業がブロックチェーンドメインを取得するケースが、これから急激に増えるのではないかと予想されます。

取得したいドメインが手に入らない可能性

これからの暗号取引では必須とも思えるブロックチェーンドメインですが、ひとつ気をつけたいのは、このブロックチェーンドメインの『ドメイン名』取得は “早いもの勝ち” という点です。もし取得したいドメイン名がある場合は、他者(社)に取得される前に確保する必要があります。

先に他の人(企業)に取得されるとそのドメインが売りに出されるのを待つしかなくなりますし、初期価格よりも高値で購入せざるを得なくなります。なので、どうしても欲しいドメイン名は、早めにゲットしておくに越したことはありません。(すでに手に入らなくなっているドメイン名もたくさんあります。)

ブロックチェーンドメインを提供しているのは

ブロックチェーンドメインを提供しているのは『Unstoppable Domains』というプロバイダーです。ここまで、暗号の送受信用に.wallet ドメインを例にご説明しましたが、Unstoppable Domainsでは、以下のような種類のドメインも取得可能です。

.x.crypto.coin.wallet.bitcoin
.888.nft.dao.zil.blockchain

通常のドメイン(.comのような)の場合、使用し続けるのに更新費用がかかり、支払いを忘れると所有権を失効してしまいます。ブロックチェーンドメインの場合は最初の取得費を払うだけで永遠に自分のものになり、更新費は必要ありません。

また、暗号アドレスとしてだけでなく、WebサイトのURLとして使用したり、ブロックチェーン上に構築されたサービスのユーザー名やIDとして使用も可能で、今後も様々な用途が追加される予定です。

まずは、自身の取得したいユーザー名NFTドメインが取得可能か、そして価格はいくらかなどを確認してみてはいかがでしょうか。

ブロックチェーン ドメインを取得する

ブロックチェーン ドメインを取得するには、まず、Unstoppable Domainsのサイトでアカウントを作成しておきます。公式サイトの右上のアイコンをクリックします。

以下のようにサインアップの画面になるので、アカウントを作成してサイトにログインしておきます。ちなみにアカウント作成で入力が必要なのはメールアドレスパスワードだけです。

アカウントが作成できましたら、トップページのサーチ欄から取得したいドメイン名を検索してみます。ここでは例として「techffee(当ブログのサイト名)」と入力してSEARCHボタンをクリックしてみます。

以下のように検索結果が表示されました。「techffee」という文字列で取得可能なドメインが確認できます。グリーンのチェックマークが付いているものは取得可能です。取得にかかる金額も表示されていますね。安いものは20ドルから購入できます。

NFTドメインの取得にかかる金額は、ドメイン名に指定する文字列の需要の高さ希少性文字数などの要素によって大きく変わります。かなり高額になっているものもあります。

たとえば「cat」という単語でサーチしてみると以下のような結果になりました。ドメインによっては500万円以上とかなり高額ですね。

上記のような比較的に希少性の高いドメイン名は「プレミアムドメイン」というカテゴリーで専用の検索ページが設けられています。

Premium Domains NFT Saleのページ

では今回、自分の名前をドメイン名としたNFTドメインを取得してみたいと思います。

自分の名前でサーチすると、すべての種類のドメインが取得可能な状態でした。NFTドメインを送金や受取りに使用する目的で、今回は「.wallet」ドメインを取得してみます。「.wallet」を選択して「Add to Cart」をクリックします。

下記のようにカートに入るので「Go to Cart」ボタンを押します。

取得するドメインや金額を確認して問題なければ「CHECOUT」をクリックします。

ちなみに「CHECOUT」ボタンの下の注意書きは以下の内容です。

・Users will be required to pay their own Ethereum transaction fees.
・ユーザーは、イーサリアムの取引手数料を自分で支払う必要があります。

・Adding a domain to your cart does not prevent others from buying that domain.
・ドメインをカートに入れても、他の人がそのドメインを購入するのを防ぐことはできません。

ここでいう「イーサリアムの取引手数料」とは、イーサリアムのブロックチェーン上に何か変更を加える(書き込む)際に、ガス代gas fee : 計算料金のようなもの)がかかることを指しています。ドメイン取得時の支払いにクレカPayPalを使用するのであれば、イーサリアム取引手数料はかかりません。

支払い方法の画面になります。以下のようにクレジットカードPayPal暗号通貨Crypto.comアプリの中から支払い方法を選択できます。私は今回クレジットカードで決済しました。決済情報を入力したら「SUBMIT PAYMENT」をクリックします。

決済が完了して以下のような画面になります。登録したメールアドレス宛にレシートメールが届きますので確認しておきましょう。これでNFTドメインの取得は完了です。簡単でしたね。取得さえしておけば他の人に取られる心配はもうありません。

さて、上記見ていただくと「Next step: Claim your domain」とありますね。これは、取得したNFTドメイン“自身の所有であること” を、イーサリアム・ブロックチェーン上に記録する作業になります。

取得したNFTドメインをClaimする

取得したNFTドメインの所有を、イーサリアム・ブロックチェーンに記録するために「Claim」ボタンをクリックしてみます。(※Claim: 主張する、要求[請求]する、などの意)

Claim Domainの画面になります。最初に本人確認のためメール認証が必要になりますので「Send Verification Code」をクリックします。(※2段階認証を設定することもできます。)

届いたメールに記載されている認証コードを入力して「Confirm」をクリックします。

NFTドメインの所有を、イーサリアム・ブロックチェーンに記録するために暗号通貨Walletに接続します(ここでガス代がかかります)。4種類の選択肢がありますが、今回は、一般に広く使用されているMetaMaskを選択します。

MetaMaskの説明や使い方の解説はここでは省かせていただきます。よく分からない方はネット上に情報が出ていますので、よく調べて理解した上で使用してください。

MetaMaskUnstoppable Domainsのサイトに接続させるので「次へ」をクリック。

以下の表示になるので「接続」→「署名」をクリックして、Unstoppable Domainsのサイトに、MetaMaskを接続します。

接続をクリック

署名をクリック

以下の画面になります。「MetaMaskのイーサリアム・アドレスに、NFTドメインのオーナー(所持者)が割り当てられます」と表示されます。「I understand and …」にチェックを入れることで、ガス代を支払ってドメインのClaim処理を行うことを了承することになります。

Domain owner will be assigned to the following Ethereum address:
ドメインオーナーは、以下のEthereumアドレスに割り当てられます。

トランザクションの混み具合など、処理のタイミングによってガス代は変動します。ご自身の基準でガス代を確認して問題なければ「確認」をクリックします。(ガス代はかなり高額になることがあるので、ご自身の責任において確認してください)

ガス代を必要以上に払い過ぎない方法なども、ある程度ネット上に情報が出ていますので、よく分からない方は事前によく調べて、ご自身の責任の上で支払いを行ってください。

以下のような画面になり「あなたのドメインは現在、ブロックチェーンとあなたの暗号ウォレットに展開されています。」と表示されます。「Track Pregress」ボタンを押して、処理の進行状況を確認します。

上記、Claimプロセスが完了すると、NFCマーケットプレイスの『OpenSea』で自身のNFCドメインを確認することができますので「Track Pregress」ボタンの上にあるURLをコピーして控えておきましょう。

My Transactionsのページが表示されます。Claim Domainの処理状況が「Pending保留中)」となっていますね。

ブロックチェーンの混雑状況にもよると思いますが、しばらくすると以下のように「Completed完了)」に切り替わります。これで自身のNFTドメインの所有が、イーサリアム・ブロックチェーン上に書き込まれました。

NFCマーケットプレイスの『OpenSea』のアカウントページで確認すると、取得したNFCドメインが確認できると思います。

現在、Unstoppable Domainsの方で、独自にレイヤー2ソリューションを開発中とのことで、年内にはリリースされるようです。これによりドメインのClaim処理の際のガス代が不要?になるそうなので、なるべくガス代を払いたくない人は、レイヤー2ソリューションのリリースを少し待ってみるのと良いかもしれません。
※まだ正式なアナウンスがないのでガス代が完全に無料になるかは不明。

Unstoppable Domainsの創業者 Matthew Gouldさんの最近のツイートで、レイヤー2ソリューションについての言及がありました。

10月21日に、レイヤー2に移行する計画を共有します。」とのこと。

よって、10/21には詳しい情報が出てくると思われますので、アナウンスの内容を確認しましたら、こちらの記事でも情報更新したいと思います。

自分の取得したいドメイン名アドレスを、他の人に取られる前に取得しておくことは、急ぐ必要があると言えますが、ドメインのClaimは、多少あと回しにしてもたいして問題ありません。ウォレット/取引所などの各社で、.walletドメインへの対応が進んでからでも遅くはないからです。

ドメインに暗号アドレスを追加する

ドメインのClaimが完了したら、NFTドメインで暗号通貨の送金や受け取りができるように、暗号アドレスを追加していきます。

My Domainsのページから、該当のドメインの横にある「MANAGE」ボタンをクリックします。

NFTドメインに紐づける暗号通貨アドレスを入力する画面が表示されます。ここに表示されていない通貨は一番下の「Search cryptocurrency」から探して追加できます。

ここでは、BTCETHのアドレスを入力してみます。

必要なアドレスを入力したら、下にある「CONFIRM CHANGES」をクリックします。ドメインのClaimのときと同様にWalletへの接続を促されるので、アドレス追加処理に必要なガス代を支払うと登録が完了します。

現状は、イーサリウムブロックチェーンに何か変更を加えるには、ガス代がかかる仕組みになっているので、なるべくガス代を払いたくない場合は、前述の通り、レイヤー2ソリューションの機能が実装されるのを待つという選択肢になるかと思います。

すぐにでもNFTドメインを暗号アドレスとして使ってみたいという場合はガス代を払って設定する必要があります。

NFTドメインはグローバルスタンダードに

現状すでに、Trust Wallet、MyEtherWallet、Cake Wallet、Bacoor、Moralis、Orchid、Xummなどのウォレット各社が、以下の10種類のDomainエンディングすべてをサポートしているそうです。

.x.crypto.coin.wallet.bitcoin
.888.nft.dao.zil.blockchain

また、最初にも書きましたが、ウォレット/取引所の主要32社が『.Wallet Alliance』を提携し、今後、.walletドメインでの送受金の対応が各社で進むことも決まっています。今後、暗号通貨の取引には、ブロックチェーンドメインを取得するのがグローバルスタンダードになりそうです。

ブロックチェーンドメインNFTは、いちど取得してしまえば、手放さないかぎり生涯自分のものになります。また、取得するドメイン名によっては、価値が上がれば売却するなどして利益を得ることも可能です。ブロックチェーン上の資産とも言えますので、まずは、Unstoppable Domainsで納得の行くドメイン名を取得できることが大事ですね。

また、新しい情報が出てきましたら更新したいと思います。

コメント