【初心者向け】MetaMask(暗号ウォレット)のセットアップ手順

MetaMask (メタマスク) などの暗号ウォレットを初めて作成するのは、少し緊張するものです。

この記事では、初心者の方でも、MetaMaskのセットアップが、スムーズに進められるように、わかりやすい画像つきで詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

Metamaskのセットアップ手順

まず、MetaMask公式サイトに行きます:https://metamask.io
こちらから『Download』をクリックします。

MetaMaskのインストール

MetaMaskのインストール画面が表示されます。
Chrome機能拡張版のインストールボタンがありますのでクリックします。

Chromeウェブストアの機能拡張版『MetaMask』のページが表示されます。
Add to Chrome』をクリックして、機能拡張を追加しておきます。

MetaMaskが追加されると、以下の画面が表示されます。
キツネがとてもかわいいです。『開始』をクリックします。

ウォレットの作成

ここでは、MetaMaskを初めてセットアップするので、右の『ウォレットの作成』をクリックします。

以下の内容を、読んで理解しましたら『同意します』をクリックします。

パスワードの設定

パスワードを入力して『作成』をクリックします。

以下の画面が表示されます。MetaMaskを安全に使用するために大事なことが記載されてますので、よく目を通しておきましょう。

ビデオも1分半ほどですし、日本語字幕を表示できるので見ておきましょう。
内容を理解したら『次へ

バックアップフレーズを控える

このあたりからかなり大事です。

以下の、鍵マークの箇所をクリックすると、12個の英単語が表示されます。
それを書いてある順番通りに、紙に書くなどして正確に控えます。

バックアップフレーズを正確に控えたら『次へ』をクリック

さきほど控えた12個の単語が、下にランダム表示されるので、メモした順番通りに枠の中へならべていきます。

12単語を正確に並べ終わったら『確認』をクリックします。

『おめでとうございます 🎉』と表示され、MetaMaskの初期セットアップが完了です。
すべて完了』をクリックします。

以下のとおり。シークレットリカバリーフレーズの厳重な管理は本当に重要です。
とにかく誰にも教えてはいけません。もし聞いてくる人がいたら、それは100%詐欺です。

セットアップ完了

MetaMaskのホーム画面が表示されました。シンプルですね。
最初は残高が0 ETHなので、国内取引所でETHを購入して、MetaMaskのアドレスに送金しておけば、ETHで支払いが出来るようになります。

以下の箇所をクリックすると、このアカウントの暗号アドレスがコピーされます。外部の取引所などから、このアドレス宛に送金すればOKです。

時間のあるときに、国内取引所の口座をひとつ開設しておくと良いですね。

▪ Coincheck(コインチェック)

現在、2,500円相当のビットコインをプレゼントする「ビットコインあげちゃうキャンペーン」実施中 📣 👀(2022年6月30日まで)

イーサリアム以外の通貨ネットワークを追加することも出来ます。

また、MetaMaskの操作ビューは、いつでもブラウザ右上の拡張機能アイコンから開くことができます。

ブラウザいっぱいに広げて見たい場合は『ビューの展開』を押せばブラウザ幅に広がります。

というわけで、今回は『MetaMask』のセットアップ手順を、分かりやすい画像とともに解説いたしました。

スポンサーリンク

コインチェック
コインチェック

コメント

タイトルとURLをコピーしました