【NFTドメイン】プロフィール・バッジでNFTの所有を証明【Unstoppable Domain】

暗号通貨のアドレスとして使えるNFTドメインですが、ユーザーは専用のプロフィールページを持つことができます。暗号アドレス以外に、PFPs(プロフィール画像)やSNSアカウントなどさまざまな情報の紐付けが可能です。

そこに今回あらたに『プロフィール・バッジ』という機能が追加されました。所有するNFTプロジェクトや、ブロックチェーン上の実績を『バッジ』として表示できます。この記事では、対象となるNFTプロジェクトやバッジの編集方法について詳しく解説します。

スポンサーリンク

プロフィール・バッジ

Unstoppable DomainsNFTドメイン所有者は、専用のプロフィールページを持つことが出来ます。『ud.me/(自身のドメインネーム)』で表示できます。

例 👉 https://ud.me/name.crypto(自身のドメインネーム)

人にシェアするのも簡単ですし、Twitterのプロフィールに『ud.me/』のプロフィールリンクを貼っておけば、Link in Bio的な使い方も可能です。

ここに2022年6月、あらたに『プロフィール・バッジ』という機能が追加されました。自身の所有するNFTコレクションなどを、以下のようにプロフィールページに『バッジ』として表示することができます。

ud.me/(自身のドメインネーム)』で表示できる

機能リリースの時点で、まずは人気のあるNFTプロジェクトなど、31種類のバッジが用意されています。

Unstoppable Domainsの[NFTドメイン]をまだ取得されてない方は、取得方法や暗号アドレスの追加について、以下の記事で詳しく解説しています👇

NFTプロジェクト

バッジの対象となるNFTプロジェクトは、今後さらに追加されますが、現状は以下の21NFTプロジェクト(マーケットプレイス)が『プロフィールバッジ』に対応しています。

Crypto Punks

Bored Ape Yacht Club

Doodles

Mutant Ape Yacht Club

Cool Cats

CLONE X

Azuki

The Sandbox

Decentraland

Decentraland Wearables

Dead Heads

Alpha Girl Club

Bored Ape Kennel Club

Crypto Kitties

World of Women

Parallel Alpha

Boss Beauties

Lazy Lions

Crypto Chicks

Super Rare

Rarible

今後、人気や評価の高いNFTプロジェクトが、どんどん追加されていくと思います。自分の所有するコレクションがバッジの対象になる可能性もあり楽しみですね。

NFTドメインやDAOトークンの所有

ほかにも、NFTドメインの『所有数、所有年数』や『トークンホルダー』など、10種類がバッジになっています。

 NFTドメインの所有数

  • Triforce:3個以上所有
  • Octopus:8個以上所有
  • Dolphin:50個以上所有
  • Shark:100個以上所有
  • Whale:500個以上所有
  • NFT Domain Holder
    NFTドメインを1個以上所有
  • UD N Year Club
    NFTドメインを1年以上所持
  • Early Adopter
    2017年以前から ETHの取引歴あり
  • 3,3 Degen
    OlympusDAO、KlimaDAOの3,3 token所有
  • Constitution DAO
    トークン保有

今後は、他のNFTプロジェクトの追加に加え『アプリ内での行動実績』『スマートコントラクトの作成』『コミュニティへの貢献度』など、さまざまなバッジが追加されるそうです。

バッジの編集方法

プロフィールページに公開するバッジは、アカウントの管理画面(Manage)から、自分で選択することができます。

NFTドメインに接続されたウォレットに紐付いている実績から、バッジが自動的に表示されるので、プロフィールページに公開するバッジを選択すればOKです。

バッジの対象となるNFTを新しく購入したあとは『更新ボタン』を押してみて、バッジが表示されるか確認してみましょう。

バッジ以外の設定項目も充実!

この記事ではNFTドメインの『プロフィールバッジ』について解説しましたが、プロフィールページには他にもさまざまな情報を紐付けておくことができます。

▪️名前
▪️プロフィール概要文
▪️PFP(プロフィール画像)
▪️カバー画像
▪️ロケーション
▪️WebサイトのURL
▪️Socials
 (TwitterRedditYouTubeDiscordTelegram
▪️Humanity Check(身分証明)
▪️Eメール

特にPFP (プロフィール画像) には、NFTを設定することが出来るので、持っている方はお気に入りのNFTを設定してみてください。以下の記事で詳しく解説しております。

NFTドメインひとつで『暗号アドレス』として使えるだけでなく、NFTのプロフィール画像や、オンラインでの実績なども紐付けておくことができるのは凄いことですね。

デジタル・アイデンティティを自身で所有し管理していくための機能が、今後もさらに充実していくと思います。まだUnstoppable DomainsNFTドメインをお持ちでない方は、ぜひ取得してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました